ぼちぼちという時々飲んでいたドリップコーヒーは久々の味、お湯沸かしてゆったり淹れる一杯は格別。

夏時期の気温のピークは家で飲むコーヒーの量は少ない、水出しで麦茶でも1L作っとけばそれでこと足りるという具合。
紙パック入りのアイスコーヒーなんてのもスーパーに行けばありますが、飲みきれないのでストックなしです。

麦茶のほかにはソフトドリンクで果物や野菜のジュース、でもこればっかりではワンパターンで飽きてしまうようでもあり。

連日同じ飲み物にもてあますみたいな感覚になると、飲みたくなるのがコーヒー。

カップにゆったり淹れたら適温の飲みごろにして、ほのかなほろ苦さがいい大人の味、秋の空気感じる8月下旬にほっと一息つきながら飲みました。